羽田の「Sky Lounge(スカイラウンジ)」が24時間やってて便利&助かった

羽田の「Sky Lounge(スカイラウンジ)」が24時間やってて便利&助かった

どうも、P山(takamasa_y)です。

海外に行く際、ちゃんとお約束を守って2時間前にチェックインすると、フライトの時間まで非常に暇を持て余す。

一般的な時間帯だと、飲食店とかお土産屋さんとか諸々営業しているのだけど、LCCだといかんせんヘンテコリンな時間なことが多いので、だいたいの店が閉まっているし…。

そんな時に、使えるのが空港内のラウンジ。

出国審査後すぐ目の前に現れる「Sky Lounge(スカイラウンジ)」

今回は、羽田空港国際線ターミナル。

出国審査を終えて、手荷物および身体検査をパスするとすぐ目の前にエスカレーターが現れるので、そこを登るとラウンジの入り口が。

ちょっとキレイなホテルのロビーみたい。

ラウンジはソフトドリンクがサービスな上に、各席に電源がありWi-Fiも使えるので出発時刻ギリギリまでくつろげる最強の暇つぶしスポット。

私の場合は、ブログ書いたり仕事したり、飛行機で見る映画をダウンロードしたりしながら、モバイルバッテリーの充電を行うのが常。

特定のクレジットカードを持っていると無料で利用可能

そんな素敵スポット、ラウンジ。やはり利用にはお金がかかる。

一般的な利用料金は1,030円。

だがしかし、特定のクレジットカードを保有していると無料で使えてしまうのである。

特定カードの銘柄は以下の通り。

VJAグループ、JCB、Diners Club International、DC、UFJ、NICOS、MUFG、UC、SAISON、AMERICAN EXPRESS、
JACCS、エポスカード

ただ、カードでもランクによってはこの優待制度を使えない場合もあるそう。

私がメインで使っているエポスカードは、ゴールドorプラチナ会員が無料利用の対象となっているとのこと。

ちなみに、私はゴールドカード。

いや、ゴールドカードと聞くと、なんだかお金持ち風に聞こえるかもしれないけど、エポスカードの場合はちょっと違う。まず、年会費が5000円とゴールドにしては比較的お安い。

そして、このゴールドカード。ある一定の条件を満たせば、年会費永久無料で保有ができるインビテーションが届くのです。

一般的にはその条件が公開されていないのだけれど、ネットの情報によると、ノーマルカードを1年以上保有していて、年間50万円ほど利用すればOKなのだとか。(一般公開されていないので正確かどうかはわからないが)

まあでも買い物をカードでしていれば、50万円は普通に使う額だし。そんなに意識していなくても、普通に使ってればそのうちインビテーションがくるはず。

かくいう私も、家賃支払をエポスカードでしていた影響でインビテーションが届き、ゴールドカードにランクアップした人。

最初からゴールドカードに申し込んじゃうと年会費5000円かかっちゃうので、ノーマルカードを作ってからインビテーションでゴールドにランクアップするのが一番お得。

年会費もかからないし、海外旅行傷害保険付帯(海外旅行の保険)もそこそこ良いのがついてくる。そして、ここを含めていろんな空港ラウンジが無料で使えるので、【エポスカード】
けっこうオススメです。



ソフトドリンク飲み放題だしビールとかも飲めちゃう

ラウンジの中は、まさにくつろぎ空間。

雑誌や新聞もあるので、数時間普通に暇つぶしもできちゃう。各席にコンセントついてるのは、マジで嬉しい。

ファミレスとかにある、ドリンクマシンでソフトドリンク飲み放題。

コレの他にも、ミルクやコーヒー、野菜ジュースにフレッシュなジュースなどけっこうバラエティー豊かなラインナップになっていて「これ…無料でいいのかしら?」と、ちょっと怯むレベル。

ラウンジ内に喫煙所もあるので、スモーカーも安心。

空港は吸える場所少ないから、けっこう嬉しいポイントなのでは??

ちなみに、有料にはなるけどお酒も飲める。

ラウンジによっては、ビール1杯まで無料みたいな場所もあったので、入室前に調べてみると良いかも。

私はこんな感じで、原稿書いたりカメラのデータを移行したりしながら、諸々のガジェットを充電しておりました。

旅行の時はもちろんだけど、macbookユーザーならUSB-C変換ハブはマストで持っておいたほうが良い。

SDカード読み込みもモニター拡張も何でもできるので、使い勝手が悪いと言われているUSB-Cでもカバンに入れておけば、基本なんでも対応できる。3000円くらいだった気がする。

いやしかし、ラウンジがあれば2時間前じゃなくてもっと早く空港きてもいいんじゃないかと思う。

出国後のラウンジが24時間やっていることを初めて知ったので、LCCの時でもささっと出国手続きすませて今度からラウンジでグダることを心に決めたのでした。

フライトゲート直前に立ちはだかる「六厘舎」

そんなこんなで1時間半ほどダラダラして、出発ゲートへ。

と、歩いてる途中に「六厘舎」を発見。

機内食が出ないことを考えると、ここで腹ごしらえをしようということになりラーメンをイート。

(本当はつけ麺が良かったのだが、湯で時間が結構かかるらしく、割とカツカツだったのでラーメンにしました)

なぜか、海外行く前はラーメンとか寿司とかを食いたくなってしまう。

私の好きな某編集者も、出国前に六厘舎のつけ麺をしばくのがルーティンになっているそう。

やはりラーメンは日本が一番。

飲まないつもりだったのに、結局ビールも飲んでしまった。

そんなこんなで、やっとフライトの時間。

暗かったはずの空も明るくなって、普通に朝になってた。

飛行機は苦手なので、いつもだいたい酔っ払って乗るのですが、この日は眠すぎたので座席について数分で寝落ちして、気づいたら台湾に到着してました。

旅行カテゴリの最新記事