【1日1ビア】REVISION「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」を飲んだ

【1日1ビア】REVISION「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」を飲んだ

どうも、P山(takamasa_y)です。

今回のビールはREVISION(レヴィジョン)「Reno As Fuck(レノ アズ ファック)」

Advertisement

Reno As Fuck(レノ アズ ファック)

revision_reno_as_fuck

 ブルワリー(醸造所) REVISION BREWING COMPANY(レヴィジョン)/アメリカ ネヴァダ州
ABV(アルコール度数) 8.4%
ビアスタイル Northeast-Style IPA (Hazy)
IBU 23
購入場所 北沢小西

テイスティングレポート

Simcoe(シムコー)・ Mosaic(モザイク) ・ Citra(シトラ)といった、ホップ由来のシトラス・フルーツの芳醇なアロマ。

グレープフルーツ・パイナップル・パッションフルーツ・マンゴー・パパイヤなどのトロピカルフルーツの香り。さらに、ビスケット・キャラメルなどのモルト由来の甘い香りが混ざり、微かに松のような香りも。

トロピカルフルーツ由来の甘いフレーバーが強く、シトラスの爽やかさが絶妙なバランス。

revision_reno_as_fuck

みんな大好き、RevisionのNEシリーズ。

どれを飲んでも美味しいのですが、これは甘めのHazyが好きな人に特にオススメ。

ジューシーな飲み口で、苦味は控えめ。

8.4%というハイアルコールな感じが一切ないから、かなり危険なやつかも。

ティスティングレポートにあるように、香り・味ともにトロピカルフルーツ系の甘さが際立っていて美味しい。

そんでもって、ほのかに香るスパイシーなテイストがアクセントになっているので飲み飽きない。ボディ感も程よいので、満足感があるんですよね。

ちなみに、名前にあるRenoっていうのはRevisonがあるネバダ州の街の名前。ネバダといえば、ラスベガスですが、このRenoもベガスに次ぐ大都市でカジノシティなんだそう。

お金を持っていることよりも勝運を持っていることが本物”という空気を反映しているビールなんですって。

ハイアルコールなのにゴクゴク飲めちゃうこのビール。カジノのお供には危険すぎる……。

ビールカテゴリの最新記事