MLB 野球

「これは引退ではない」イチロー・マリナーズとの生涯契約に思うこと

更新日:

どうも、P山(@takamasa_y)です。

昨日深夜、野球ファンにとって衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。

「イチロー、今季出場せず!事実上引退!」

普段から野球ニュースに食いついている人ほど、驚いたのではなかろうか。

確かに、数日前「本拠地での6連戦後に引退か」というようなニュースが飛び交っていました。

でも、引退説を唱えた張本人のキャスターが「誤解だった」とこの報道を否定したことで、ひとまず引退はないのだろうなと落ち着いた....

はずだった。

そして、この急転直下。

正直、理解が追いつかないし、そもそも「今季出場なし」「事実上引退」の意味が見出しだけみてもわからなかった。

というわけで、自分の頭を整理するためにこのエントリを投稿しようと思ったのです。

お付き合いいただければ幸いでございます。

1.今季の出場はない

mvpconference.jpg

引用:MLB.com

事実上引退と言われているのは、”今季の出場がなくなった”という部分からきている表現。メジャーの40人枠から外れることで、試合出場の権利がなくなったワケです。

 

今季の成績:15試合 44打数 9安打 打率.205 0本塁打 0打点

 

この数字をみると、やはりイチローとしては物足りない。いや、44歳の野手としては凄すぎる数字だし、守備の面では全然衰えていないんだけど......。世間が思い描くイチローではなくなっているのは確かですよね。

 

身体というよりも、視力の衰えがかなり指摘されていて、三振の数がかなり多くなっていました。

こういった成績、身体の衰え、故障者の復帰・若手選手の成長といったチーム事情から、今季マリナーズはイチローを戦力として見ないという決断ということですね。(もちろん、イチローがいることで与える精神的な安定や模範的な練習態度などはあるが、そこは抜きにして)

40人枠から外れたということは、もし故障者が続出したとしてもイチローをメジャーにあげるという選択肢がないことを意味しているのですが、そもそも球団のレジェンドであるイチローをマイナーに落とすなんて発想自体がなかったのではないだろうかと、私は思っております。

2.球団特別補佐に就任

引用:The New York Times

この内容だけをみていると、普通に解雇という形だと思う。しかし、マリナーズはイチローを球団に残す措置として「球団特別補佐」という特殊な役職を与えたのです。

正直、どんな仕事をするポストなのかはわからないけど、報道を総括すると

「練習を続けながら選手達のサポートを行う」

「この契約は今シーズンに限ったもの」

「来季以降の試合に出場する可能性がある」

といった、役職のようです。

「イチローさん、今シーズンはあなたを戦力としてみれません。でも、来シーズン以降選手として契約する可能性があります。だから、チームに同行して今まで通り練習をしてOKです。その代わり、他の選手の指導やサポートもよろしくお願いしますね。」

ってな感じなんですかね。

次のページへ >







-MLB, 野球
-, , , ,

Copyright© 某P-log , 2018 All Rights Reserved.